TROUBLESHOOTING トラブルシューティング

メール受信はできるが送信ができない場合の対処法

サブミッションポート(587ポート)の設定

「使用中のメールが突然送信できなくなってしまった・・・」
そんな時は、こちらの設定を確認してみましょう。

プロバイダで採用が進んでいる迷惑メール対策「Outbound Port 25 Blocking」(OBP25B)が原因で、OBP25Bとは、プロバイダのメール以外は通常の送信ポート(25番)を遮断するものです。迷惑メールの多くは,プロバイダが用意したメールサーバを介さずに,スパマー(スパム・メール送信者)のパソコンから直接インターネットへ送られています。OBP25Bを採用すれば,こうしたメールをブロックでき、プロバイダにおける迷惑メール対策となります。

しかし、独自ドメインでのメールを使用する場合もこの対策に引っかかってしまい、送信ができなくなってしまいます。
そこで、プロバイダは、通常の25番ポートではなく、Submissionポート(587番ポート)を提供しています。
この送信ポートを使うことにより、当社で契約の独自ドメインでも送信することが可能となります。

設定は、以下の通りです。

対処方法
  1. Outlook Expressを起動する。
  2. [ツール]メニュー→[アカウント]をクリックする。
  3. 使用中のメールアカウントの[プロパティ]を開きます。
  4. 現在、送信メールの欄が「25」になっているかと思います。
  5. そこの数字を

    「587」に書き換えます。
  6. 適用を押して、ウィンドウを閉じます。
  7. これで送信できるようになりましたので、再度お確かめ下さい。